リハビリ通信

第12回

~外反母趾~

京命クリニックです。

     第12回の京命クリニックリハビリ通信は

                 「外反母趾」についてです。

・外反母趾とは

外反母趾では、足の親指が人差し指のほうに『くの字』に変形し、付け根の突き出した部分に痛みが出ます。そこが靴に当たるなどして炎症を起こし、悪化すると靴を履いていなくても痛むようになります。

・サポーター、テーピング療法

親指の偏位を抑え正常な位置に戻すためにサポーターでの治療があります。

また扁平足も合併している方はテーピングでの固定をお勧めします。

①土踏まずを持ち上げて

②親指を正しい方向に誘導します。

次に悪化予防のための運動療法についてです。

足の指の運動を行いましょう

指を開く           指を閉じる

最後に外反母趾に対する東洋医学的治療についてです。

 

三陰交(さんいんこう)

足の内くるぶしから膝に向かい指4本分のところにあるツボです。

約1cm奥にある筋肉を狙い指圧やお灸などを使用し凝り固まった筋肉を緩めることで痛みの緩和につながります。女性疾患によく使用するツボでもあります。

お気軽にご連絡ください
052-776-3331

名古屋市千種区京命の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション

整形外科  京命クリニック

〒464-0004 愛知県名古屋市千種区京命2-8-21

TEL 052-776-3331  FAX 052-776-3332        © 2017 Kyomei Clinic